有川先生

今日は、昨日の心理ゲーム、人生脚本を学んでから、さっそく気づきがあり、とてもうれしい気持ちになりました。心理を学んで、毎日が楽しいと感じる瞬間が増えました。

本当にありがとうございます。気づきを送らせていただきます。

【ストローク、感情を学んで気づいたこと】

子供の勉強のこと。

子供は、わからない問題があると、いつもイライラして、機嫌が悪くなっていました。

また理解不足の単元を「わかる」と言ったり、テストで間違った箇所を隠そうとしたりすることもありました。

私も「あぁ、また、いつものが始まった」と思い、私までイライラして、教えたり、怒ったり、そのことで子供もさらにイライラしケンカに発展、勉強の進みも悪く、まさに悪循環でした。

もしかして、このイライラは娘のラケット感情では?と気づいた。

イライラは怒りではなく、本当はわからなくて、悲しいのではないか。

そこで「勉強で、わからないことは、頭がよくなるチャンスなので、良いことなんだよ。ママは百点をとらなくても、大好きだよ」と話しをしました。

すると子供は「わからないことはいいことなんだね!頭がよくなるチャンスなんだね!テストでも間違っていいんだね!」と言い、本当に喜び、わからないことを認める様になりました。

それからすぐにわからないことは辞書で調べる様になりました。

テストの間違い、わからない単元は快く一緒に復習するようになりました。わかることが楽しくなった様です。

結果積極的に勉強に取り組むようになってきました。

テスト前のプリントをこなす量が明らかに増え、習い事にも良い影響がありました。

熱心に取り組むようになり、先生にもほめられるようになってきました。

私から子供への肯定的ストロークもたくさんかけることができてきました。

子供の肯定的ストローク銀行も、どんどん貯まればいいなと思います。

うまく行く日ばかりではないですが、明らかな変化を感じています。

とても良い流れになり、これも心理を学んだおかげです。

本当に本当にありがとうございます。

 

鹿児島、企業コンサルタント/新入社員研修・幹部研修/人材育成/企業理念

鹿児島、心理(傾聴)カウンセラー養成講座/メンタルトレ-ニング養成講座/資格取得

鹿児島、心理学(交流分析)/帝王学(STR)/コ-チング/カウンセリング

鹿児島、講演、講師、研修、セミナー

鹿児島、引きこもり、不登校、子育て

プロフェッショナル心理カウンセラー/ストレスチェックコンサルタント/STRマスター

グランブレス 代表  有川 純一