建設業協会で新規入職者研修会 「社会人としての心構え」で、研修を担当させて、頂きました。

 

令和元年度は、約50名位の方に参加して、頂きました。

企業側も新規入職者を大切に思い、ここ最近では、一番受講者が多い研修となりました。

 

世代観、価値観が異なり、また多様性も求められる中、

会社としての方向性(ベクトル)を合わせられるのは、会社の理念やビジョンです。

そして、個々の建設業に対する遣り甲斐や仕事に対する思いです。

これに気付いてもらう事が大切だと思っております。

 

日本の未来を背負うに方々に感じてもらい、気付いてもらう研修を心掛けております。

多くの方が、この業種で使命感を持ち、頑張って頂きたいと願っております。